後遺障害と後遺症の違い | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「後遺障害」と「後遺症」

「後遺障害」と「後遺症」の違いについて

病気や怪我をしたとき、療養してもなお機能障害や神経障害などの症状が残ってしまうことがあり、今後も回復が見込めない状態を一般的に「後遺症」と言われます。

これに対し、「後遺障害」は、労災保険制度や自賠責保険制度に登場する用語であり、わかりやすくいうと、「後遺症」のうち、それらの制度において補償金や保険金の支払対象にすると法令で決められたものです。

そのため、「後遺症」=「後遺障害」ではありません。また、「後遺障害」の方が狭いといえます。

後遺症(残ってしまった症状)
後遺障害(自賠責保険等の制度上保険金等の対象とされる症状)

このように、「後遺障害」とは本来、労災保険や自賠責保険の制度の中の概念であるため、自賠責保険において後遺障害等級が認定されていない場合であっても、「後遺症」に基づき慰謝料や逸失利益が認められることはあり得ます。

しかし、実務では、労災保険や自賠責保険の後遺障害認定に則って損害算定が行われており、裁判所においても同様です。

そのため、後遺障害が認定されなかった場合、「後遺症」に関して賠償を受けることは困難です。同時に、だからこそ、適正な後遺障害等級認定を受けることが重要なのです。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る