「耳」の後遺障害・「聴力障害」について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「耳」の後遺障害

聴力障害

交通事故により、外から耳と見える部分(これを耳介や耳殻といいます。)を失ってしまったり、聴力障害が生じたり、耳漏(鼓膜に穴が開き、耳の穴から液体が流れる状態になること)や耳鳴りなどが残ったりといった、後遺症が残ってしまうことがあります。

このような耳の後遺症については、後遺障害として、「聴力障害」と「耳介の欠損障害」が後遺障害等級表において定められています。

また、後遺障害等級表に定められていない耳漏や耳鳴りについても、その障害の程度に応じて相当等級が認定されます。

1|聴力の検査方法

聴力障害にかかる等級は、純音による聴力レベル(以下、「純音聴力レベル」といいます。)の測定結果と語音による聴力検査結果(以下、「明瞭度」といいます。)をもとに判断されます。

純音聴力検査

純音聴力検査は、音が聞こえるかどうかを検査するものです。

人の聴力には、空気の振動によって音を把握する聴力(気導聴力)と、頭蓋骨の振動によって音を把握する聴力(骨導聴力)があり、この両方を検査することで純音聴力レベルを把握します。

ヘッドホンをつけた状態でオージオメータという装置からさまざまな周波数の純音をさまざまな強さで聞いて測定する方法です。

音の高さ(周波数)ごとに音の強さ(大きさ)を変えながら聞いて、どの程度聞こえたかを測定し、聞こえる最も小さな音の大きさ(可聴閾値)を調べます。

純音聴力検査は、日を変えて3回行い、検査と検査の間は通常7日程度空けられ、後遺障害の等級認定は、2回目と3回目の測定結果の平均純音聴力レベルの平均により行われます。

語音聴力検査

語音聴力検査は、スピーチオージオメーターを使用し、言葉の聞き取りを検査するものです。

聴覚は、単に音を聞くということだけではなく、人と人がコミュニケーションを取る上で欠かすことのできないものであり、声は聞こえても何を言っているのかが理解できないと意味がありません。

語音聴力検査(測定)では、日常会話で使われる語音、「ア」とか「イ」とかいう語音や数字が使われます。

検査語音がどの程度の音の大きさだと何%正しく聞こえるかを調べる検査です。

語音聴力検査も、①の純音聴力検査と同様、原則として、日を変えて3回行いますが、検査結果が適正と判断できる場合には1回で差支えないとされています。

耳鼻科医であっても、後遺障害認定のための検査方法を熟知しているとは限りません。

検査にあたっては後遺障害認定のために必要であることを伝え、検査をお願いする必要があります。

2|聴力障害の等級

聴力障害として定められている後遺障害は、両耳と片耳(一耳)の聴力に関して、その聴力の低下の程度に応じて各等級が定められています。

①両耳の聴力障害

両耳の聴力障害については、後遺障害等級表に掲げられている両耳の聴力障害の該当する等級によって認定されることとされています。

そのため、下記の片耳ごとに後遺障害として認定された等級を併合するという方法で認定されるわけではありません。

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの 両耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベル80dB以上であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの。
第6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが80dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが50dB~80dB未満であり、かつ、最高明瞭度が30%以下のもの。
第6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの。
第7級2号 両耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが70dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの。
第7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが60dB以上のもの。
第9級7号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが両耳60dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの。
第9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの 1耳の平均純音聴力レベルが80dB以上であり、かつ、他耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの。
第10級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが50dB以上のもの、または、両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上であり、かつ、最高明瞭度が70%以下のもの。
第11級5号 両耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 両耳の平均純音聴力レベルが40dB以上のもの。

②片耳(一耳)の聴力障害

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの 1耳の平均純音聴力レベルが90dB以上のもの。
第10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの 平均純音聴力レベルが80dB~90dB未満のもの。
第11級6号 1耳の聴力が40センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの 平均純音聴力レベルが70dB~80dB未満のもの、または、50dB以上であり、かつ、最高明瞭度が50%以下のもの。
第14級3号 1耳の聴力が1メートル以上の距離では小声を解することができない程度になったもの 平均純音聴力レベルが40dB~70dB未満のもの。
関連する後遺障害はこちら
後遺障害「耳」・「聴力障害」について
耳の後遺障害「耳介(耳殻)の欠損障害」
耳の後遺障害「耳鳴り」
耳の後遺障害「耳漏」
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る