「耳」の後遺障害・「耳介(耳殻)」について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「耳介」の後遺障害

外から耳と見える部分は、耳介や耳殻とも呼ばれ、貝殻状の形は、音を集めるための働きをしているといわれています。

交通事故により、この耳介の部分を欠損した場合には、後遺障害の認定対象となります。

1|耳介の欠損障害

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの 耳殻の軟骨部分の2分の1以上を欠損したもの。

上記等級は、片耳(一耳)ごとの等級であり、両耳とも「耳殻の大部分の欠損した」場合には、併合により第11級の後遺障害が認定されることになります。

2|醜状障害との関係

耳介(耳殻)は、外から耳と見える部分であり、この耳介が欠損すれば、外貌醜状の後遺障害ともとらえることができ、外貌醜状の後遺障害の認定対象ともなります。

外貌醜状の後遺障害としては、第7級と第9級と第12級の等級があり、耳殻の欠損と比べてより高い等級が認定される可能性があります。

例えば、「耳殻の大部分の欠損」としては第12級4号に該当しますが、醜状障害として第7級12号に該当する場合、高い等級の第7級12号に認定されます。

また、耳殻の軟骨部分の欠損が、2分の1を超えず、耳介の欠損障害として12級4号に該当しない場合でも、その程度が外貌に醜状を残すものにあたるとして醜状障害の第12級14号に認定される場合もあります。

また、両耳の耳殻の欠損がある場合、総合して外貌醜状の有無・程度が判断されます。

関連する後遺障害はこちら
後遺障害「耳」・「聴力障害」について
耳の後遺障害「耳介(耳殻)の欠損障害」
耳の後遺障害「耳鳴り」
耳の後遺障害「耳漏」
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る