「耳」の後遺障害・「耳漏」について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「耳漏」の後遺障害

交通事故により鼓膜に穴が空いて分泌液が流れ出てしまう耳漏の後遺症が残ってしまった場合、後遺障害の認定対象となります。

難聴を伴うことが要求されているので、聴力障害と同様に、聴力検査が必要となります。

耳漏の後遺障害等級表

等級 障害の程度 具体的な認定基準
第12級相当 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏が常時あるもので、難聴を伴うもの 手術により治療をした場合に、耳漏が常時あり、かつ、聴力障害には該当しない程度の難聴であっても、純音聴力レベルが低下しているもの。
第14級相当 鼓膜の外傷性穿孔による耳漏があるもので、難聴を伴うもの 手術により治療をした場合に、耳漏があり、かつ、聴力障害には該当しない程度の難聴であっても、純音聴力レベルが低下しているもの。
関連する後遺障害はこちら
後遺障害「耳」・「聴力障害」について
耳の後遺障害「耳介(耳殻)の欠損障害」
耳の後遺障害「耳鳴り」
耳の後遺障害「耳漏」
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る