「眼」の後遺障害 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「眼」の後遺障害

眼の障害には、眼球とまぶたの障害の双方が含まれています。

そのため、単に視力が落ちた等の眼球の障害のみならず、まぶたの機能に障害が生じている場合も眼の障害に含まれます。

眼球の傷害

眼球の障害には、視力障害、調節機能障害、運動障害、視野障害があります。

なお、自賠責保険においては、上記障害について、器質的な原因がある場合に限り障害と認める扱いとなっています。

すなわち、他覚的所見により、外傷性の障害の存在を立証できることが必要になります。

関連する後遺障害はこちら
まぶたの後遺障害について

1|視覚障害

視力障害とは、矯正が不能な場合を除いて、矯正視力を基準として、両眼又は片眼の視力が低下したものを意味します。

等級 障害の程度
第1級の1号 両眼が失明したもの
第2級の1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.02以下になったもの
第2級の2号 両眼の視力が0.02以下になったもの
第3級の1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.06以下になったもの
第4級の1号 両眼の視力が0.06以下になったもの
第5級の1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.1以下になったもの
第6級の1号 両眼の視力が0.1以下になったもの
第7級の1号 1眼が失明し、他眼の視力が0.6以下になったもの
第8級の1号 1眼が失明し、又は1眼の視力が0.02以下になったもの
第9級の1号 両眼の視力が0.6以下になったもの
第9級の2号 1眼の視力が0.06以下になったもの
第10級の1号 1眼の視力が0.1以下になったもの
第13級の1号 1眼の視力が0.6以下になったもの
失明
失明とは、眼球を亡失(摘出)したもの、明暗を弁じ得ないもの及びようやく明暗を弁ずることができる程度のものをいいます。

2|調節機能障害

調節機能障害については、両眼又は片眼の調節力(明視できる遠点から近点までの距離的な範囲(調節域)をレンズに換算した値)が通常の2分の1以下に減じたものが対象となります。

等級 障害の程度
第11級の1号 両眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
第12級の1号 1眼の眼球に著しい調節機能障害を残すもの
違点
無調節状態で明視できる点。
近点
最大調節状態で明視できる点。

調節力が通常の2分の1以下であるか否かは、障害のある眼が1眼のみの場合は、受傷していない他眼との比較により判断します。

両眼に障害がある場合及び障害は1眼のみであるが他眼の調節力に異常が認められる場合(以下、併せて「健眼がない場合」といいます。)は、年齢別の調節力との比較により判断します。

この健眼がない場合において、調節力が加齢によって失われていくことから、55歳以上の方については、通常実質的に調節機能が失われているとされてしまうために、後遺障害の対象とはなりません。

3|運動障害

運動障害とは、両眼又は片眼の注視野の広さが2分の1以下に減じたもの及び複視を残すものを意味します。

等級 障害の程度
第10級の1の2号 正面視で複視を残すもの
第11級の1号 両眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第12級の1号 1眼の眼球に著しい運動障害を残すもの
第13級の2の2号 正面視以外で複視を残すもの
注視野
頭を固定した状態で眼球を動かして直視できる範囲
複視
右目と左目の網膜の対応点に外界の画像が結像せずにずれているために、物が二重に見える状態。
複視を残すもの
本人が複視であることを自覚し、かつ、眼筋の麻痺等複視を残す明らかな原因が認められ、ヘススクリーンテストにより患側の像が水平方向又は垂直方向の目盛で5度以上離れた位置にあることが確認されること

4|視野障害

視野障害とは、両眼又は片眼に半盲症、視野狭窄又は視野変状を残すものを意味します。

等級 障害の程度
第9級の3号 両眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの
第13級の2号 1眼に半盲症、視野狭さく又は視野変状を残すもの
半盲症
視神経線維が、視神経交叉またはそれより後方においておかされるときに生じるものであって、注視点を境界として、両眼の視野の右半部または左半部が欠損するものをいう。
視野狭窄
視野周辺の狭窄をいう。
視野変状
ここでは暗転と視野欠損を意味する。

これらの障害を検査結果から説明すると、ゴールドマン型視野計を用いて、V/4視標による8方向の視野の角度の合計が、正常視野の角度の60%以下になった場合が、視野障害に該当します。

関連する後遺障害はこちら
まぶたの後遺障害について
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る