まぶたの後遺障害 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「まぶた」の後遺障害

まぶたの障害には、欠損障害、運動障害があります。

1|欠損障害

欠損障害とは、まぶたを閉じたときに、完全に角膜を覆うことができないもの又はまつ毛はげを残すものを意味します。

等級 障害の程度
第9級の4号 両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第11級の3号 1眼のまぶたに著しい欠損を残すもの
第13級の4号 両眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
第14級の1号 1眼のまぶたの一部に欠損を残し、又はまつげはげを残すもの
まつ毛はげを残すもの
まつ毛縁(まつ毛の生えている周縁)の2分の1以上にわたってまつ毛のはげを残すものをいう。

2|運動障害

運動障害とは、普通にまぶたを開けたときに瞳孔領を完全に覆うもの、又はまぶたを閉じたときに角膜を完全に覆うことができないものを意味します。

等級 障害の程度
第11級の2号 両眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
第12級の2号 1眼のまぶたに著しい運動障害を残すもの
関連する後遺障害はこちら
眼の後遺障害について
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る