後遺障害認定の流れ | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害認定の流れ

後遺障害診断書

  • 後遺障害診断の際、担当医師に自覚症状をきちんと伝え、必要な検査が行われましたか?
  • 後遺障害診断書に、自覚症状、検査結果などがきちんと記載されていますか?

自賠責における後遺障害認定の審査は、原則として書面で行われます。

そして、医師が作成する「後遺障害診断書」に記載された内容が審査や判断の基礎となります。

そのため、「後遺障害診断書」にどのように記載されているかは、後遺障害認定の申請にあたり、とても重要なポイントになります。

ところが、この「後遺障害診断書」に、自覚症状がきちんと記載されていない、自賠責の評価方法に則った検査が実施されていない、障害の存在と整合する検査結果が得られているのに記載されていない、などの不備があるまま提出されてしまうことがあります。

そこで、弁護士法人ALGでは、後遺障害診断書作成に際して、事前に注意点をアドバイスし、また、後遺障害診断書が作成された後に内容を確認して、後遺症状がすべて記載されているか、必要な検査が行われ、その結果がきちんと記載されているかなどについてチェックしています。

さらに、ケースによっては、後遺障害診断前後に書面や面談の方法で、または後遺障害診断に同行して、直接、医師から状態を伺うことも行っています。

「後遺障害診断書」でよくある質問へ

後遺障害等級の申請

  • 後遺障害申請の手続きについて、保険会社に任せきりになっていませんか?

弁護士法人ALGでは、後遺障害診断書作成後の手続きについてもサポートを行っています。

後遺障害認定の申請手続きについては、加害者側の任意保険会社を通じて自賠責保険に請求する方法(いわゆる「事前認定」)と、被害者が主体となって自賠責保険に請求する方法(いわゆる「被害者請求」)があり、弁護士法人ALGでは、被害者請求の方法で認定申請を行うことも多くあります。

また、事前認定の場合であっても、加害者側の任意保険会社や自賠責保険に対し、適宜進捗や不足資料がないかどうかを確認し、申請手続きがスムーズに行われるようにフォローしています。

「後遺障害等級の申請」でよくある質問へ

後遺障害等級の認定

  • 自賠責の認定結果は、後遺症の程度に見合っていますか?
  • 認定された後遺障害等級の内容、判断理由はしっかり確認しましたか?
「後遺障害等級の認定」でよくある質問へ

異議申立

  • 後遺障害認定について、異議申立て手続きがあることを知っていますか?
  • 異議申立て手続きを行う必要、効果について、検討しましたか?

自賠責保険における後遺障害認定の判断に対しては、異議申立ての手続きを行うことができます。

ただし、事案の内容、判断理由によっては、異議申立てを行っても等級が変更される可能性が極めて低いケース、異議申立てによって後遺障害が認定されても等級が変わらないケースなど、異議申立てを行う必要や効果がない場合もあります。

弁護士法人ALGでは、後遺障害等級認定後、認定内容や判断理由、医療記録等を精査し、認定結果の相当性、異議申立てにより判断が変更される可能性、判断が変更された場合に見込まれる後遺障害等級や変更の効果を検討します。

そして、被害者の方と相談したうえで、場合によっては、異議申立て手続きを行います。

「異議申立」でよくある質問へ

示談交渉

適正な後遺障害の認定は、経済的な被害回復のための通過点です。

後遺障害等級認定後は、交通事故の賠償実務に詳しい弁護士が、適正かつ最大限の賠償額獲得を目的に、賠償金の請求を行います。

交通事故の損害賠償は、交渉で解決されることがほとんどです。

ただし、弁護士法人ALGでは、交渉では適正な賠償が得られない場合、法的手段を取ることをためらいません。

ADRへの和解あっ旋申込み、訴訟提起その他の法的手段について、見込まれる増額の程度、リスク、時間、費用等を説明したうえで、ご依頼者様の意向に沿った手段を選択します。

「示談交渉」でよくある質問へ
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る