【後遺障害解決事例】せき柱の変形により後遺障害等級8級が認定された事案において、賠償額を約3200万円とすることで和解

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害解決事例

07せき柱の変形により後遺障害等級8級が認定された事案において、賠償額を約3200万円とすることで和解

腰椎圧迫骨折等の傷害を負い、せき柱の変形により後遺障害等級8級相当が認定された兼業主婦について、家事従事者としての部分も含めて逸失利益が認められた事例

事案の概要

事故の態様は、ご依頼者様が青信号で横断歩道上を自転車で走行中、相手方の車両が、交差点を右折の上、左方からご依頼者様に衝突してきたというものです。

ご依頼者様は、この事故によって胸椎圧迫骨折等の傷害を負い、症状固定後もせき柱の変形障害の後遺症が残存し、「せき柱に中程度の変形を残すもの」として後遺障害等級8級相当が認定されました。

弁護士法人ALG&Associates担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様は、事故当時兼業主婦であったため、家事労働者としての休業損害や逸失利益を請求したほか、慰謝料についても裁判基準にしたがって相手方が加入する保険会社に対して請求しました。

交渉の過程で相手方が交渉を弁護士に依頼することとなり、この弁護士から当方提示額に対する回答がありました。

この回答の内容は、休業損害や逸失利益についてはご依頼者様が勤務していた準社員としてのものに限り、家事労働分は認めない、労働能力喪失率は11級相当とする、労働能力喪失期間は5年とする、5%の過失相殺を行うというもので、賠償額を約1038万円とするものでした。

しかし、相手の弁護士の主張には根拠も付されていましたが、裁判例等に照らすと受け入れられるものではありませんでしたので、当方からも根拠を示した上で反論書面を作成して再度交渉を行った結果、賠償額を約3200万円とすることで和解することができました。

相手方が一応根拠のある主張が出されたとしても、その主張がどれほど説得的なものなのか、丁寧に吟味することが重要な案件だったといえます。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る