【後遺障害解決事例】左足関節の機能障害等により後遺障害等級併合12級が認められた事案で、相手方が提案していた額から190万円の増額に至った事例

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害解決事例

10左足関節の機能障害等により後遺障害等級併合12級が認められた事案で、相手方が提案していた額から190万円の増額に至った事例

左脛腓骨骨折に伴う左足関節の機能障害、左膝疼痛について併合12級とされた30代男性の事例

事案の概要

被害者は30代の男性で、バイク運転中に丁字路交差点において直進しようとしていたところ、右折しようとしていた自動車に衝突され、左脛腓骨骨折の傷害を負いました。

相手方保険会社側との連絡がうまくいかないということで相談されました。

弁護士法人ALG&Associates担当弁護士の活動及び解決結果

本件においては、とくに休業損害と逸失利益の点において相手方と争いがありました。

交渉による解決を目指しましたが、合意に至らず、訴訟を提起しました。

相手方は、休業損害の点について、復職可能時期が症状固定時よりも前倒しされるべきであると主張しました。

この点について弁護士法人ALG&Associates案件担当弁護士は、復職の可能性について、被害者の仕事(家電取付業)の特徴及び傷害の特徴を関連付けて詳細に説明し、復職可能時期が診断通りであると主張しました。

また、相手方は、逸失利益の点については、被害者の後遺障害の程度だと労働能力喪失率は12級として一般的な14%よりも小さいと主張しました。

この点について弁護士法人ALG&Associates案件担当弁護士は、現実に収入が激減していることなども踏まえて、労働能力喪失率が14%であることを主張しました。

その結果、裁判所は、当方の主張をほとんど全面的に指示する内容の和解案を示すに至りました。

そしてこの和解案を踏まえ、交渉段階で相手方が提案していた額から190万円増額して、和解に至りました。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る