【後遺障害解決事例】局部に神経症状等により後遺障害等級併合11級が認定され、相手方の提示を900万円以上上回り約3200万円が支払われる示談が成立した事例

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害解決事例

13局部に神経症状等により後遺障害等級併合11級が認定され、相手方の提示を900万円以上上回り約3200万円が支払われる示談が成立した事例

下肢の関節の機能に障害、胸腹部臓器の機能障害、局部に神経症状を残す等として併合第11級が認定された50代女性の事例

事案の概要

ご依頼者様の対面側からはみ出してきた相手車両に衝突されご依頼者様の車は大破しました。

ご依頼者様は事前認定後にご相談に来られました。

異議申し立てが可能であれば申立したいとのことで当事務所に依頼されました。

弁護士法人ALG&Associates担当弁護士の活動及び解決結果

ご依頼者様の診療録を相手方から取り寄せた上で、胸腹部臓器の障害の評価について異議申し立てが可能であることをご依頼者様に説明し異議申し立てを行う方針となりました。

そのためにまず担当医と面談し、面談時の医師の説明を踏まえて認定機関に対し「意見書」を付して異議申し立てを行いました。

残念ながら異議申し立ては認められませんでしたが、最終的には相手方の提示を900万円以上上回り約3200万円が支払われる示談が成立しました。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る