長岡京市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数40,887件 [※H19.7~H30.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

9,345

※H29.1~H29.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

長岡京市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

長岡京市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

長岡京市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

長岡京市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

長岡京市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

長岡京市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

長岡京市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

長岡京市で接触事故に遭い転倒した結果、失明してしまいました。

僕は現在21歳の学生で、親元を離れて長岡京市で一人暮らしをしています。これまで、特に大きなけがも病気も経験したことはなく、何不自由なく育ってきました。五体満足で、なんの悩みもない、ごく普通の人生を送ってきました。それが当たり前だと思っていたのです。

ところが昨年のこと、私は思わぬ出来事に見舞われました。その日は、雨で地面が濡れていたのですが、私は迷った挙句自転車に傘をさして通学することに決めました。そしてその日の夕方、大学から帰宅途中に、交通事故にあったのです。

事故現場は長岡京市内の1車線の道路です。私が自転車で道路を走行中に、追い越そうとした車に当たられ、転倒してしまったのでした。地面に頭を打ち付けた衝撃は途方もないものでした。不運にも当たり所が悪く、私はその事故で失明してしまいました。

すぐに救急車で長岡京市の病院に搬送され、緊急手術を受けました。ですが、手術が無事成功したにも関わらず、私の目は見えないままでした。その日から、1年以上にもわたる、長い入院、および通院生活が待っていました。この一年の日々は、人生の中での最もつらく長く感じられた時間でした。

そして先週、病院の先生からずっと恐れていた現実を突きつけられることになりました。現代の医療技術では、私の目がよくなる可能性はもうないという先生のお話でした。私は2度と、他の人と同じようにものを見たりすることはできないのです。

とても悲しいです。これからの長い人生、お先真っ暗です。私はこれから、どうしたらいいのでしょうか?

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

長岡京市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る