津久見市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数52,026件[※2007.6~2019.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

11,577

※2018.1~2018.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

津久見市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

津久見市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

津久見市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

津久見市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

津久見市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

津久見市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

津久見市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

津久見市の事故で腰椎を圧迫骨折し、半年たった今も治りきらないため、後遺障害の申請をしたいです。

津久見市在住、70代独身、無職です。夕方、徒歩で津久見市内のスーパーから帰宅する途中で事故に遭いました。青信号の横断歩道を渡っていたところ、左折しようとしていた乗用車に轢かれました。

私は衝撃で倒れ、その際に、しりもちをついてしまいました。その時の衝撃で腰に激痛が走りました。激痛で立ち上がることはできなかったのですが、痛みをこらえながら警察に連絡しました。

警察が来て、実況見分が始まりました。相手方は、横断歩道上の私の姿を見落としていたことを認めました。私は、実況見分が終わり、あまりに腰の痛さに救急車で津久見市の病院に搬送されました。病院では、腰椎の圧迫骨折であると診断され、すぐに入院となりました。なお、全治3か月と診断されました。入院をしているときはずっと腰を固定するためにコルセットを着用しなければなりませんでした。

退院後もリハビリをするために半年程度通院していました。症状固定の時期を迎えたころに、病院で画像診断を受けました。診断の結果は、圧迫骨折自体は治癒しているものの、骨が完全に元どおりにならず、変形しているとのことでした。

この診断から若干時間が経過して、相手方の保険会社から連絡がありました。示談をしてほしいとのことでした。私は、腰の骨の変形の賠償を告げましたが、保険会社としては後遺障害に該当しない限りは賠償に応じることができないと言われました。インターネットなどで調べてみると、後遺障害の申請ができるとのことですが、やり方が良くわかりません。弁護士が申請できると書かれていたので、お任せしたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

津久見市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る