和光市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数34,778件 [※H19.7~H29.12末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

9,345

※H29.1~H29.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

和光市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

和光市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

和光市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

和光市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

和光市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

和光市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

和光市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

和光市内を歩行中に交通事故に遭い顔面を打つ怪我をおって右目が見えなくなってしまいました。

現在、社会人3年目です。和光市で一人暮らしをしています。

母は私が中学生の頃に他界しており、実家には父と大学生になったばかりの弟がおります。

9ヶ月ほど前に歩行中、車と接触する交通事故に遭い、顔面を打つケガをしました。すぐに和光市内の病院に運ばれたそうですが、車とぶつかる少し前からの記憶は断片的にしか残っていません。脳に対するダメージは少なかったのですが、顔中に裂傷を負い、特に右目のダメージが深刻でした。

事故当初から父から「覚悟するように」とは軽く伝えられていましたが、視力が回復しなかったのです。望みを持って様々な治療を受け、経過を観察してきましたが、やはりダメでした。結局先月になって症状固定であることを宣告され、視力の回復が一生見込めないことを悟りました。

入社当時から経理の仕事をしており、退院後も同じ部署に残って仕事を続けています。ですが片目は見えるとはいえ感覚は事故以前と比べて全く違い、仕事がしにくく、疲労も倍増しています。このままの状態で同じ仕事を続けるのは困難ですが、この体でも求めてくれる職場があるか不安です。

事故の責任は相手方にありますし、慰謝料を請求することは私にとって当然の権利だと思っています。そのために後遺障害等級の診断や認定を受けなければいけないと聞きました。しかし勉強不足であるため、どのように手続きをすればいいのか分かりません。調べてみてもやはり難しそうなので、自力での申請は諦めて和光市で対応してくれる弁護士に依頼しようと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

和光市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る