脳に関する後遺障害「高次脳機能障害」の典型的な症状について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

高次脳機能障害の典型的な症状について

1|高次脳機能障害の典型症状

認知障害、行動障害、人格変化などが典型的な症状です。

認知障害とは、具体的には記憶力低下、集中力低下などを指します。

行動障害とは、具体的には周囲に合わせることが出来ない、複数のことを同時に行うことが出来ない、行動を抑制できない等の障害のことを指します。

人格変化とは、交通事故前には見られなかったような衝動性、易怒性、自己中心性などが出現することを指します。

これらの症状の出現によって、従前通りの生活を送ることが困難となることは容易に想像出来るでしょう。

被害者の方は、下の表にある金額を請求できるにとどまらず、現実に得ていた収入に応じ、年齢に応じた労働能力喪失期間、等級に応じた労働能力喪失率を基礎に算定される後遺障害逸失利益を、損害賠償として加害者に請求することが可能なのです。

表3:後遺障害慰謝料比較表

等級 保険金額(自賠責基準) 保険金額(裁判所基準) 労働能力喪失率
1級(別表1) 1600万円 2800万円 100%
2級(別表1) 1163万円 2370万円 100%
3級(別表2) 829万円 1990万円 100%
5級(別表2) 599万円 1400万円 79%
7級(別表2) 409万円 1000万円 56%
9級(別表2) 245万円 690万円 35%

2|症状の評価

表4は、自賠責保険における高次脳機能障害の認定に当たって作成される、「脳外傷による精神症状等についての具体的な所見」、という書類のチェック項目です。

そこでは、各項目ごとに、4段階(高度、中等度、軽度、なし)で症状が判断されています。

言うまでもありませんが、症状が重い程、該当する項目が多い程、高次脳機能障害と認定される傾向が強まります。

これら1つ1つを取り上げると、人間の個性として十分に有りうる項目ばかりで、高次脳機能障害が重篤な後遺障害と認められることを不思議に思う人もいるかもしれません。

もちろん、これらの症状があると言う理由のみで高次脳機能障害が認定されるわけではありません。

肝心なのは、「事故前」と「事故後」を比べ、これらの点についての変化があったか否かなのです。

この点、事故後の症状というのは、被害者を実際に観察することで判断することが可能です。(もちろん、判断を下した者の判断が常に正しいとは限りませんが、判断に当たって実際に対象を観察していることは大きな意味を持ちます。)

これに対し、事故前の状態を実際に観察することは、不可能です。

そこで、事故前の被害者の状態を判断するためには、第三者の記憶や、症状から予想される過去の状態、写真などの客観的な記録等に頼らざるを得ません。

皆さんご存知のように、こういった証拠集めは弁護士が最も得意とするところです。

だからこそ、高次脳機能障害に対する正当な補償を得るためには、弁護士が介在することが非常に有益なのです。

表4

脳外傷による精神症状等についての具体的な所見チェック項目
物忘れ症状
新しいことの学習障害
短気、易刺激的、易怒性
粘着性、しつこい、こだわり
感情の起伏や変動がはげしく、気分が変わりやすい
性的な異常行動・性的羞恥心の欠如
感情が爆発的で、ちょっとしたことで切れやすい
発想が幼児的で自己中心的
多弁、おしゃべり
話がまわりくどく、話の内容が変わりやすい
計画的な行動を遂行する能力の障害
行動が緩慢、手の動きが不器用
複数の作業を並行処理する能力の障害
自発性や発動性の低下があり、指示や声かけが必要
暴言、暴力行為
行動を自発的に抑制する能力の障害
服装、おしゃれに無関心あるいは不適切な選択
睡眠障害、寝つきが悪い、すぐに目が覚める
社会適応性の障害により、友達付合いが困難
人込みの中へ出かけることを嫌う
妄想・幻覚
高次脳機能障害の解説
高次脳機能障害の認定について
高次脳機能障害の典型的な症状
高次脳機能障害の深刻度
MTBI(軽症脳外傷)について
高次脳機能障害の裁判例1級・2級
高次脳機能障害の裁判例3級・5級
高次脳機能障害の裁判例7級・9級
関連する後遺障害はこちら
遷延性意識障害について
後遺障害「高次脳機能障害」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る