【裁判例】「男性の外貌障害につき、後遺障害逸失利益が認められた事例」 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害裁判例

19東京地裁平成13年8月22日判決

男性(19歳・予備校生)の外貌障害につき、後遺障害逸失利益が認められた事例

事案の概要

「被告は、男子の顔面醜状によって逸失利益は発生しないと主張」していたところ、「原告は、醜状障害の症状固定時には23歳、上記固定日には29歳という青年であり、瘢痕は化粧品で隠すことはできるものの、人と接する際には常に化粧品を使用しなければならないこと自体不自然なことであり、原告の精神的苦痛が大きいだけではなく、男性といえども醜状痕によって希望する仕事への就職が制限されたり、就職しても営業成績が上がらなかったり、仕事の能率や意欲を低下させ、ひいては所得に影響を与えることは十分考えられる」として、逸失利益の認定に外貌症状を考慮しております。

判決のポイント

事故時において、19歳の予備校生であった原告が、事故により顔面部分に12級の外貌障害を負った事案(その他の後遺障害として、腰部、頚部の神経症状につき各14級、併合12級)につき、上記のとおり、神経症状による逸失利益のほか、外貌障害に基づいた逸失利益も認められております。

男性の場合でも、外貌醜状の程度や部位、職業、年齢等を個別具体的事情に考慮して、逸失利益が認められております。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る