胸腹部臓器「泌尿器」の後遺障害 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

胸腹部臓器「泌尿器」の後遺障害

1|腎臓の後遺障害

腎臓に関する後遺障害等級は、腎臓の亡失の有無及び糸球体濾過値(以下、「GFR」といいます。)による腎機能の低下の程度により認定されます。

①腎臓を失っていないもの

等級 障害の程度
第9級11号 GFRが30ml/分超50ml/分以下
第11級10号 GFRが50ml/分超70ml/分以下
第13級11号 GERが70ml/分超90ml/分以下

②一側の腎臓を失ったもの

等級 障害の程度
第7級5号 GFRが30ml/分超50ml/分以下
第9級11号 GFRが50ml/分超70ml/分以下
第11級10号 GERが70ml/分超90ml/分以下
第13級11号 上記のいずれにも該当しないもの

2|尿管・膀胱及び尿道の後遺障害

①尿路変向術を行ったもの

等級 障害の程度
第5級3号 非尿禁制型尿路変向術を行ったもので、尿が漏出することによりストマ周辺に著しい皮膚のびらんを生じ、パッド等の装着ができないもの
第7級5号 非尿禁制型尿路変向術を行ったもので、5級3号に該当しないもの
禁制型尿リザボアの術式を行ったもの
第9級11号 尿禁制型尿路変向術(禁制型尿リザボア及び外尿道口形成術を除く。)を行ったもの
第11級10号 外尿道口形成術を行ったもの
尿道カテーテルを留置したもの

②排尿障害を残すもの

等級 障害の程度
第9級11号 膀胱の機能障害により残尿が100ml以上であるもの
第11級10号 膀胱の機能障害により残尿が50ml以上100ml未満であるもの
尿道狭さくにより糸状ブジーが必要なもの
第14級相当 尿道狭さくによりシャリエ式尿道ブジー第20番が辛うじて通り、時々拡張術が必要なもの

③畜尿障害を残すもの

等級 障害の程度
第7級5号 持続性尿失禁を残すもの
切迫性尿失禁又は腹圧性尿失禁により、終日パッド等を装着し、かつ、パッドをしばしば交換しなければならないもの
第9級11号 切迫性尿失禁又は腹圧性尿失禁により、常時パッド等を装着しなければいけないが、パッドの交換までは必要でないもの
第11級10号 切迫性尿失禁又は腹圧性尿失禁により、常時パッド等の装着は必要ないが、下着が少し濡れるもの
頻尿を残すもの

頻尿とは、以下のいずれにも該当するものをいいます。

  • 器質性病変による膀胱容量の器質的な減少又は膀胱若しくは尿道の支配神経の損傷が認められる
  • 日中8回以上の排尿が認められる
  • 多飲等の他の原因が認められない
関連する後遺障害はこちら
胸腹部臓器【呼吸器】の後遺障害について
胸腹部臓器【循環器】の後遺障害について
胸腹部臓器【腹部臓器】の後遺障害について
胸腹部臓器【泌尿器】の後遺障害について
胸腹部臓器【生殖器】の後遺障害について
後遺障害「胸腹部臓器」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る