胸腹部臓器「腹部臓器」の後遺障害 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

胸腹部臓器「腹部臓器」の後遺障害

腹部臓器の後遺障害は、以下の臓器ごとに、その機能の低下の程度等により、各々認定されます。

1|食道の後遺障害

心筋梗塞、狭心症、心臓外傷等の後遺症により心機能が低下したものは、心機能の低下による運動耐容能の低下の程度より判断されます。

等級 障害の程度
第9級11号 食道の狭さくによる通過障害を残すもの
(通過障害の自覚があり、かつ、消化器造影検査により食道狭さくによる造影剤のうっ滞が認められるもの)

2|胃の後遺障害

胃の切除により生じる症状の有無により、下表のとおり認定されます。

等級 障害の程度
第7級5号 消化吸収障害、ダンピング症候群及び胃切除術後逆流性食道炎のいずれもが認められるもの
第9級11号 消化吸収障害及びダンピング症候群が認められるもの
消化吸収障害及び胃切除術後逆流性食道炎が認められるもの
第11級10号 消化吸収障害、ダンピング症候群又は胃切除術後逆流性食道炎のいずれかが認められるもの
第13級11号 噴門部又は幽門部を含む胃の一部を亡失したもの(9級の11、11級の10に該当しないもの)

「消化吸収障害が認められる」とは、胃の全部を亡失した場合又は噴門部ないしは幽門部を含む胃の一部を亡失し、低体重等(BMIが20以下であるもの。ただし、以前からBMIが20以下の場合は体重の10%以上減少したもの)をいいます。

「ダンピング症候群が認められる」とは、胃の全部又は幽門部を含む胃の一部を亡失し、かつ、食後30分以内に出現するめまい、起立不能等の早期ダンピング症候群に起因する症状又は食後2時間から3時間後に出現する全身脱力感、めまい等の晩期ダンピング症候群に起因する症状が認められる場合をいいます。

「胃切除術後逆流性食道炎が認められる」とは、胃の全部又は噴門部を含む胃の一部を亡失し、かつ、胸やけ、胸痛、嚥下困難等の胃切除術後逆流性食道炎に起因する自覚症状があり、内視鏡検査により食道にびらん、潰瘍等の胃切除術後逆流性食道炎に起因する所見が認められる場合をいいます。

3|小腸の後遺障害

①小腸を大幅に切除したもの

等級 障害の程度
第9級11号 残存する空腸及び回腸の長さが100cm以下となったもの
第11級10号 残存する空腸及び回腸の長さが100cm超300cm未満となったもので、消化吸収障害が認められるもの

「消化吸収障害が認められる」といえるには、低体重等(BMIが20以下であるもの。ただし、以前からBMIが20以下の場合は体重の10%以上減少したもの)が認められる場合でなければなりません。

②人工肛門を造設したもの

等級 障害の程度
第5級3号 小腸内容が漏出することによりストマ周辺に著しい皮膚のびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第7級5号 上記に該当しないもの

③小腸皮膚瘻を残すもの

等級 障害の程度
第5級3号 瘻孔から小腸内容の全部又は大部分が漏出することにより、小腸皮膚瘻周辺に著しいびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第7級5号 瘻孔から小腸内容の全部又は大部分が漏出するもので、5級3号に該当しないもの
瘻孔から小腸内容が概ね100ml/日以上漏出することにより、小腸皮膚瘻周辺に著しいびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第9級11号 瘻孔から小腸内容が概ね100ml/日以上漏出するもので、7級5号に該当しないもの
第11級10号 瘻孔から少量ではあるが明らかに小腸内容が漏出する程度のもの

④小腸の狭さくを残すもの

等級 障害の程度
第11級10号 1か月に1回程度、腹痛、腹部膨満感、嘔気、嘔吐等の症状が認められ、かつ、単純X線像においてケルクリングひだ像が認められるもの

4|大腸の後遺障害

①大腸を大量に切除したもの

等級 障害の程度
第11級10号 結腸のすべてを切除するなど大腸のほとんどを切除したもの

②人工肛門を造設したもの

等級 障害の程度
第5級3号 大腸内容が漏出することによりストマ周辺に著しい皮膚のびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第7級5号 上記に該当しないもの

③大腸の皮膚瘻を残すもの

等級 障害の程度
第5級3号 瘻孔から大腸内容の全部又は大部分が漏出することにより、大腸皮膚瘻周辺に著しいびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第7級5号 瘻孔から大腸内容の全部又は大部分が漏出するもので、5級3号に該当しないもの
瘻孔から大腸内容が概ね100ml/日以上漏出することにより、大腸皮膚瘻周辺に著しいびらんを生じ、パウチ等の装着ができないもの
第9級11号 瘻孔から大腸内容が概ね100ml/日以上漏出するもので、7級5号に該当しないもの
第11級10号 瘻孔から少量ではあるが明らかに大腸内容が漏出する程度のもの

④大腸の狭さくを残すもの

等級 障害の程度
第11級10号 大腸の狭さくを残すもの
1か月に1回程度、腹痛、腹部膨満感等の症状が認められ、かつ、単純X線像において、貯留した大量のガスにより結腸膨起像が相当区間認められるもの

⑤便秘を残すもの

等級 障害の程度
第9級11号 用手摘便を要すると認められるもの
第11級10号 上記に該当しないもの

便秘とは、排便反射を支配する神経の損傷がMRI、CT等により確認でき、かつ、排便回数が週2回以下の頻度であって、恒常的に硬便であると認められるものをいいます。

⑥便失禁を残すもの

等級 障害の程度
第7級5号 完全便失禁を残すもの
第9級11号 常時おむつの装着が必要なもの
(7級5号に該当するものを除く)
第11級10号 常時おむつの装着は必要ないものの、明らかに便失禁があると認められるもの

5|肝臓の後遺障害

等級 障害の程度
第9級11号 肝硬変
第11級10号 慢性肝炎

肝硬変、慢性肝炎ともに、ウィルスの持続感染が認められ、かつ、AST、ALTが持続的に低値であるものに限られます。

6|胆のうの後遺障害

等級 障害の程度
第13級11号 胆のうを失ったもの

7|すい臓の後遺障害

等級 障害の程度
第9級11号 外分泌機能の障害と内分泌機能の障害の両方が認められるもの
第11級10号 外分泌機能の障害又は内分泌機能の障害のいずれかが認められるもの
第12級13号第14級9号 軽微なすい液瘻を残したために皮膚に疼痛等を生じるもの(局部の神経症状として判断されます。)

※外分泌機能の障害とは、上腹部痛、脂肪便(常食摂取で1日ふん便中の脂肪が6g以上)、頻回の下痢等の外分泌機能の低下による症状が認められ、かつ、以下のいずれかに該当するものをいいます。

  • すい臓の一部切除
  • BT-PABA(PFD)試験で70%未満を示す
  • ふん便中キモトリプシン活性で24U/g未満を示す
  • アミラーゼ又はエラスターゼの異常低値を認める

※内分泌機能の障害とは、以下のいずれにも該当するものをいいます。

  • 異なる日に行った経口糖負荷試験によって、境界型又は糖尿病型であることが2回以上確認されること
  • 空腹時血漿中のC-ペプチド(CPR)が0.5ng/ml以下
  • Ⅱ型糖尿病に該当しない

8|脾臓の後遺障害

等級 障害の程度
第13級11号 脾臓を失ったもの

9|腹壁瘢痕ヘルニア・腹壁ヘルニア・鼠径ヘルニア又は内ヘルニア

等級 障害の程度
第9級11号 常時ヘルニア内容の脱出・膨隆が認められるもの、又は、立位をした時にヘルニア内容の脱出・膨隆が認められるもの
第11級10号 重激な業務に従事した場合等腹圧が強くかかるときにヘルニア内容の脱出・膨隆が認められるもの
関連する後遺障害はこちら
胸腹部臓器【呼吸器】の後遺障害について
胸腹部臓器【循環器】の後遺障害について
胸腹部臓器【腹部臓器】の後遺障害について
胸腹部臓器【泌尿器】の後遺障害について
胸腹部臓器【生殖器】の後遺障害について
後遺障害「胸腹部臓器」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る