胸腹部臓器「呼吸器」の後遺障害 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

胸腹部臓器「呼吸器」の後遺障害

呼吸器の後遺障害の判定について

呼吸器の後遺障害は、原則として、①動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果によって判定され認定されます。

ただし、①による等級が②スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度による判定や③運動負荷試験の結果により判定された等級に比して低い場合は、②又は③により判定された等級により認定されます。

1|動脈血酸素分圧と動脈血炭酸ガス分圧の検査結果による判定

等級 動脈血酸素分圧の値 呼吸困難の程度
第1級2号 50Torr以下 呼吸機能の低下により常時介護が必要なもの
第2級2号 50Torr以下 呼吸機能の低下により随時介護が必要なもの
第3級4号 50Torr以下 上記以外のもの
第1級2号 50Torr超・60Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲(37~43Torr)外で、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なもの
第2級2号 50Torr超・60Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲外で、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要なもの
第3級4号 50Torr超・60Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲外で、かつ、上記に該当しないもの
第5級3号 50Torr超・60Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲内のもの
第7級5号 60Torr超・70Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲外のもの
第9級11号 60Torr超・70Torr以下 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲内のもの
第11級10号 70Torr超 動脈血炭酸ガス分圧が限界値範囲外のもの

動脈血酸素分圧は、動脈血中の酸素分圧、つまり、動脈血の中に含まれている酸素の量を圧力の単位であるTorr(=mmHg)で表したものです。

また、動脈血炭酸ガス分圧とは、動脈血中の炭酸ガス圧力、つまり、動脈血の中に含まれている二酸化炭素の量を圧力の単位で表したものです。

2|スパイロメトリーの結果及び呼吸困難の程度による判定

等級 スパイロメトリーの結果 呼吸困難の程度
第1級2号 %1秒量35以下・又は%肺活量40以下 高度の呼吸困難、かつ、呼吸機能の低下により常時介護が必要なもの
第2級2号 %1秒量35以下・又は%肺活量40以下 高度の呼吸困難、かつ、呼吸機能の低下により随時介護が必要なもの
第3級4号 %1秒量35以下・又は%肺活量40以下 高度の呼吸困難で上記に該当しないもの
第7級5号 %1秒量35以下・又は%肺活量40以下 中等度の呼吸困難が認められるもの
第11級10号 %1秒量35以下・又は%肺活量40以下 軽度の呼吸困難が認められるもの
第7級5号 %1秒量35超55以下・又は%肺活量40超60以下 高度又は中等度の呼吸困難が認められるもの
第11級10号 %1秒量35超55以下・又は%肺活量40超60以下 軽度の呼吸困難が認められるもの
第11級10号 1秒量55超70以下・又は肺活量60超80以下 高度、中等度又は軽度の呼吸困難が認められるもの

高度の呼吸困難 = 連続しておおむね100m以上歩けないもの

中等度の呼吸困難 = 平地でさえ健常者と同様に歩けないが、自分のペースなら1km程度歩行可能なもの

軽度の呼吸困難 = 健常者と同様には階段の昇降ができないもの

スパイロメトリーとは、呼吸機能検査で、呼吸の時の呼気量と吸気量を測定し、呼吸の能力を調べる際に行います。

一般的には、スパイロメーターという計測器を用いて検査されています。

検査内容としては、下記のようなものが挙げられます。

肺活量
現在の耳鳴りはどのくらい続いているのか。
%肺活量
左右どちらから聞こえるか。
努力性肺活量
具体的に聞こえる音はどのような音か。
1秒量
小さいか、中くらいか、大きいかなど。
1秒率
いつ強く感じるか。
残気量
仕事や生活への影響はあるか。

3|運動負荷試験の結果

等級 呼吸困難の程度
第11級10号 ①②による判定では後遺障害等級に該当しないが、呼吸機能の低下による呼吸困難が認められ、運動負荷試験の結果から明らかに呼吸機能に障害が認められるもの
関連する後遺障害はこちら
胸腹部臓器【呼吸器】の後遺障害について
胸腹部臓器【循環器】の後遺障害について
胸腹部臓器【腹部臓器】の後遺障害について
胸腹部臓器【泌尿器】の後遺障害について
胸腹部臓器【生殖器】の後遺障害について
後遺障害「胸腹部臓器」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る