【後遺障害相談事例】「整形外科で頚椎捻挫と診断」に関するご相談

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

01「整形外科で頚椎捻挫と診断」に関するご相談

Question

整形外科で頚椎捻挫と診断され、通いやすさから整骨院でリハビリをしていますが、頚だけでなく腰も痛むので、一緒に施術してもらっていいですか?

Answer

待ってください! 整骨院で施術を受ける前に、腰部について医師の診察を受けましょう。

交通事故の加害者(保険会社)から賠償を受けられるのは、原則として交通事故と相当因果関係のある損害だけです。

必要性、相当性のない治療費は、過剰診療として否定されるリスクがあります。

この点、裁判実務上、整骨院等の柔道整復師による施術費が損害として認められるためには、医師の指示を要するのが原則と考えられており、医師の診断を受けていない傷病に対して整骨院で施術を受けることは、後日施術費を巡ってトラブルになるおそれが低くありません。

また、整骨院等では、損傷状態を正確に把握するためのレントゲン検査などは行えず、器質的損傷が見落とされている危険もあります。

まずは医師の診断を受け、交通事故による傷病であること、治療の必要性を認めてもらってから、整骨院で施術を受けるようにしてください。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る