【後遺障害相談事例】「重い後遺症」に関するご相談

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

02「重い後遺症」に関するご相談

Question

事故によって重い後遺症が残り、自宅での生活に不便が生じています。

今の身体に合わせて自宅を改造したいのですが、この費用を加害者に請求することはできるのでしょうか?

Answer

受傷の内容や後遺症の程度・内容によっては請求できることがあります。

ただし、後遺症の内容に照らして改造が必要といえなければならず、改造自体が必要であったとしても、改造によって他の家族にとってもプラスになる面があるため、実際に生じた費用の全額は認められず、減額がなされることもあります。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る