【後遺障害相談事例】「後遺障害等級」に関するご相談

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

08「後遺障害等級」に関するご相談

Question

交通事故で怪我をして痛みなどの症状が残った場合であっても、後遺障害等級に認定されないこともあると聞きました。

どのような症状が残った場合に後遺障害と認められるのか、どうやって決まっているのでしょうか。

Answer

後遺障害とは、交通事故の場合、自賠責保険の制度における概念です。そのため、どのような症状を後遺障害として認めるか、どのような等級に該当するかといった後遺障害の具体的な内容は、自動車損害賠償保障法施行令第2条並びに別表第1及び別表第2に定められています。

また、具体的な調査は、公平かつ客観的な調査を行い、迅速かつ効率的に事件を処理するために、損害保険料率算出機構という第三者機関が、下部組織である自賠責損害調査事務所において行っています。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る