【後遺障害相談事例】「後遺障害診断書・慰謝料」に関するご相談

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

09「後遺障害診断書・慰謝料」に関するご相談

Question

私は事故により、足を打撲し、整骨院で治療を続けましたが、症状固定後も痛みが残っています。

医師には、病院への定期的な通院がなく、症状の経緯がわからないことから後遺障害診断書は書けないと言われてしまいました。

他の病院にも同様のことを言われてしまい、後遺障害診断書を取得することは出来ないようです。

しかし、未だに足の痛みが続いているので、この痛みに対して慰謝料を支払ってもらいたいと思うのですが、難しいのでしょうか。

Answer

交通事故の場合、賠償の項目はある程度、定型化されています。

慰謝料についてみると、後遺障害等級が認定されるか否かに関わらず認められる、①入・通院した際の慰謝料と、②治療を続けたものの症状が残存してしまい、後遺障害等級が認定された場合に認められる後遺障害慰謝料に区別されます。

後遺障害慰謝料は、必ずしも損害保険料率算出機構による後遺障害認定を得なければならないものではありません。

しかし、医師への定期的な通院が無く、後遺障害診断書の取得すら難しい状況下では、後遺障害慰謝料を請求することは難しいと言わざるを得ないでしょう。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る