【後遺障害相談事例】「後遺障害・味覚」に関するご相談

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

10「後遺障害・味覚」に関するご相談

Question

事故にあって、味覚がなくなってしまいました。後遺障害の申請をしようと思ったんですが、後遺障害別等級表に味覚についての等級がありません。後遺障害に該当しないのでしょうか。

Answer

いえ、味覚がなくなったのであれば、12級相当の後遺障害として認定される可能性があります。

後遺障害別等級表に該当する等級がないとき、何級何号の障害があるとは認定してもらえません。

しかし、その障害の程度に応じて、後遺障害別等級表に掲げる身体障害に準じて、その等級を定めることになっています。

そのため、等級表に記載がなくとも、障害の程度に応じて何級に相当するものとして後遺障害と認定をしてもらえることがあります。

味覚の脱失については、頭部外傷や顎部周辺組織の損傷、舌の損傷によって生じた味覚障害であれば、12級相当として取り扱われます。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る