【後遺障害相談事例】「大学を卒業して間もなく年収が低いのですが、後遺障害逸失利益は実収入で計算されるものですか?」

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

後遺障害相談事例

15「大学を卒業して間もなく年収が低いのですが、後遺障害逸失利益は実収入で計算されるものですか?」

Question

保険会社からの提示額を見ると、後遺障害逸失利益について、実収入をもとに算定されているようです。

大学を卒業して間もないので、年収が低いのですが、実収入で計算されるものなのですか?

Answer

概ね30歳までの有職者の場合、原則として、生涯を通じて全年齢平均賃金程度の収入を得られる蓋然性が認められる場合には、全年齢平均賃金をもとに後遺障害逸失利益は算定されます。

また、実収入額と年齢別平均賃金との差が大きく、生涯を通じて全年齢平均賃金程度の収入を得られる蓋然性が認められない場合には、年齢別平均賃金をもとに後遺障害逸失利益が算定されます。

安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る