脊髄損傷の後遺障害等級について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

脊髄損傷の後遺障害等級について

1|等級ごとの内容

脊髄損傷による後遺障害の等級は、1級から12級まで定められ、7つの等級に分かれます。

等級の内容は、自動車損害賠償保障法施行令に定められており、その内容は以下の表をご覧ください。

表1:後遺障害別等級表

等級 後遺障害
第1級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級1号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
第3級3号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級2号 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級4号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級10号 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの
第12級12号 局部に頑固な神経症状を残すもの

上の表によると、後遺障害の内容は抽象的で、具体的にどのような場合が各等級に当たるのか判断できませんが、脊髄の損傷が生じた場合には、麻痺等の障害が生じます。

そのため、麻痺の範囲(四肢麻痺、片麻痺、単麻痺)と程度(高度、中等度、軽度)により認定されます。

そして、等級毎の具体的内容は、以下の表のようになります。

表2:後遺障害の具体的内容

等級 後遺障害の具体的内容
第1級1号 ●高度の四肢麻痺が認められるもの
●高度の対麻痺が認められるもの
●中等度の四肢麻痺で、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
●中等度の対麻痺で、食事・入浴・用便・更衣等について常時介護を要するもの
第2級1号 ●中等度の四肢麻痺が認められるもの
●軽度の四肢麻痺で、食事・入浴・用便・更衣等に随時介護を要するもの
●中等度の対麻痺で、食事・入浴・用便・更衣等に随時介護を要するもの
第3級3号 ●軽度の四肢麻痺が認められるもの
●中等度の対麻痺が認められるもの
第5級2号 ●軽度の対麻痺が認められるもの
●一下肢の高度の単麻痺が認められるもの
第7級4号 ●一下肢の中等度の単麻痺が認められるもの
第9級10号 ●一下肢の軽度の単麻痺が認められるもの
第12級12号 ●運動障害がほとんど認められない程度の軽微な麻痺を残すもの
●運動障害はないが、広範囲の感覚障害が認められるもの

2|麻痺の範囲について

言葉を聞いただけでは4つの麻痺の違いがよくわかりませんが、

  • 「四肢麻痺」とは、両側の四肢の麻痺
  • 「片麻痺」とは、片側の上下肢の麻痺
  • 「対麻痺」とは、両下肢又は両上肢の麻痺
  • 「単麻痺」とは、上肢又は下肢の一肢のみの麻痺

脊髄が損傷した場合に多く生じる麻痺は、四肢麻痺か対麻痺です。

3|麻痺の程度について

次に、麻痺の程度については、運動障害(運動性、支持性、巧緻性、速度についての支障)の程度によって判断されます。

ちなみに、「支持性」とは、いわゆる体重を支える機能、「巧緻性」とは、動作の巧みさや器用さを示す能力です。

「高度」とは

障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性がほとんど失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作ができないものをいいます。

「基本動作」とは、下肢においては歩行や立位、上肢においては物を持ち上げて移動させることです。

労災補償における等級認定を参考にすると、具体的には、

  • 完全強直又はこれに近い状態にある
  • 上肢の三大関節及び5つの手指のいずれの関節も自動運動(自分で動かす運動です。対になるのは、医師に動かしてもらう場合のように、他に動かしてもらう「他動運動」です。)によっては動かすことができない、又はこれに近い状態にある
  • 下肢の三大関節のいずれも自動運動によっては動かすことができないもの又はこれに近い状態にある
  • 随意運動(自分の意思で、つまり大脳皮質運動野から出る信号によって動かす運動です。対になるのは「不随意運動」です。)の顕著な障害により、障害を残した一上肢では物を持ち上げて移動させることができない
  • 随意運動の顕著な障害により一下肢の支持性及び随意的な運動性をほとんど失った

などの場合が挙げられます。

「中程度」とは

障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が相当程度失われ、障害のある上肢又は下肢の基本動作にかなりの制限があるものをいいます。

例えば

  • 障害を残した一上肢では仕事に必要な軽量のもの(500gくらい)を持ち上げることができない、又は障害を残した一上肢では文字を書くことができない
  • 障害を残した一下肢を有するために杖もしくは硬性装具なしには階段を上がることができない、又は障害を残した両下肢を有するために杖若しくは硬性装具なしには歩行が困難

といった場合が挙げられます。

「軽度」とは

障害のある上肢又は下肢の運動性・支持性が多少失われており、障害のある上肢又は下肢の基本動作を行う際の巧緻性と速度が相当程度損なわれているものをいいます。

例えば

  • 障害を残した一上肢では文字を書くことが困難
  • 日常生活は概ね独歩であるが、障害を残した一下肢を有するため不安定で転倒しやすく、速度も遅い、又は障害を残した両下肢を有するため杖若しくは硬性装具なしには階段を上がることができない

といった場合が挙げられます。

なお、3級以上場合には、介護の要否と程度も考慮し認定されます。

関連する項目はこちら
脊髄損傷による症状
脊髄損傷による後遺障害等級
受傷から後遺障害等級の取得まで
脊髄損傷に対する損害賠償
裁判例・脊髄損傷
「脊髄損傷」に戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る