後遺障害認定の流れ「後遺障害等級申請」に関するご質問 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「後遺障害等級申請」に関するよくあるご質問

Question01後遺障害等級の申請って何?

Answer

交通事故による怪我で後遺症が残ってしまった場合、その後遺症が後遺障害として認定されないと、損害賠償を受けることは困難です。

そして、後遺障害として認定される場合、その程度によって一番重い第1級から、一番軽い第14級のいずれかに認定されます。どの程度の後遺症が何級として認定されるかの基準は、自動車損害賠償保障法施行令の別表に基づいています。

自分の後遺症を後遺障害として認定してもらうためには、自賠責保険に対して、等級を認定してもらうための申請を行う必要があります。この申請を後遺障害等級認定の申請といいます。

弁護士法人ALGでは、ご依頼者様が適正な等級認定を受けられるよう経験豊富な弁護士がサポートさせて頂いております。

Question02後遺障害等級申請の手続きの流れを簡単に知りたい

Answer

後遺障害等級認定の申請手続きは、症状固定後に、自賠責保険に対し、医師の作成した後遺障害診断書等の必要書類を提出する方法で行います。この際、場合によっては、後遺障害診断書だけでなく、カルテやレントゲン・CT・MRI等の検査結果を一緒に提出した方がよい場合もあります。

必要書類の提出方法には2通りあり、相手方の加入する任意保険会社を通して自賠責保険に提出する事前認定という方法と、自分で自賠責保険に書類を提出する被害者請求という方法があります。

事前認定の場合、等級認定申請の結果は、自賠責保険から相手方任意保険会社に通知され、相手方任意保険会社から連絡を受けることになります。被害者請求の場合、等級認定申請の結果は、自賠責保険から申請者に郵送で通知が来ることになります。

後遺障害として認定されないときは「非該当」、後遺障害として認定されたときは、「第○級○号」もしくは「併合○級」などという形で知らされます。

弁護士法人ALGでは、後遺障害等級申請はもちろんのこと、事故直後から示談に至るまで幅広くサポートを行っています。「後遺障害等級の申請方法が分からない」「認定された等級が適正かわからない」等、どの段階のお悩みでもご対応が可能ですので、ぜひ一度お気軽にご相談下さいませ。

Question03後遺障害等級認定を受けるためにはどんなことをすれば良いの?

Answer

後遺障害等級の認定を受けるには、医師が作成する後遺障害診断書に、認定に必要な事項をきちんと記載してもらう必要があります。そのためには、まずきちんと医師の指示に従って、治療やリハビリ等に取り組む必要があります。治療をおろそかにしていると、等級認定に必要な治療が行われていないと判断されて、等級認定に不利に働くことがあるからです。

また、後遺障害の等級認定に必要な検査等をしっかり受けておくことも大切です。医師は、怪我を治療するプロであるため、治療をしても治らなかった部分である後遺障害について、その程度が何級になるかを判定するための検査を漏れなく行ってくれるとは限りません。ですから、場合によっては、自ら医師に対し、後遺障害認定のために必要な検査を行ってもらうようにお願いすることも大切です。

さらに、病院で通院した日に治療を受けるだけでなく、自宅にいる間に生じた自覚症状等を医師にしっかりと伝えておくことも大切です。これを伝えておかないと、後遺障害診断書を作成してもらう際に、症状がきちんと記載されない可能性があるからです。

特に、むち打ち等の神経症状においては、他覚的所見が見られない場合が多いため、自覚症状の有無や程度、神経症状の有無を判断する検査等が必要不可欠になってくる場合が多いといえます。

後遺障害の等級認定を受けるためには、後遺障害診断書が重要であることが言うまでもありませんが、きちんとした後遺障害診断書を作成してもらうためには、治療中からの準備が必要不可欠なのです。

後遺障害等級認定を受けるためにどのような検査をすれば良いのかお困りであれば、弁護士法人ALGへご相談下さい。専門事業部を構え月間600件以上のご相談を頂く豊富な経験から、的確なアドバイス・サポートを行います。

Question04自分は何級が認定される可能性があるのか知りたい

Answer

どの程度の後遺症が何級に認定されるかは、自動車損害賠償保障法施行令の別表に記載がありますが、抽象的な言葉で記載されているため、ご自身の症状が、何級に認定される可能性があるのかは、なかなかご自身では判断がつかない場合があります。そうすると、仮に等級認定申請の結果、第10級に該当する、という通知がきても、それが正しいのかどうかを判断することもできません。

弁護士法人ALGでは、ご自身の症状等から、後遺障害の何級に認定される可能性があるかといった目安がわかるツールを用意していますので、是非ご活用いただきたいと思います。

Question05被害者請求のメリット・デメリットはどんなものがあるの?

Answer

被害者請求のメリットは、何と言っても相手方加入の任意保険会社を通さない点にあります。相手方加入の保険会社は、損害賠償を支払う側ですから、後遺障害の認定に積極的でない場合が少なくありません。不当に認定申請を妨害するようなことはありませんが、申請者(被害者)側の立場に立って、後遺障害を認定してもらえるようにアドバイスをしてくれることはなかなか期待できません。ですから、自ら請求を行う被害者請求の方が、適正な認定を受けられる可能性が高いといえます。

また、被害者請求の場合は事前認定とは違い、認定を受けられれば保険金が支払われるという点もメリットと言えるでしょう。

このように、被害者にとってメリットの多い被害者請求ですが、必要書類等を全て自分で揃えなければならないという点にデメリットがあります。しかし、この点は、弁護士に依頼して、書類の取り付けのサポートを受けたり、書類の取り付け自体を依頼したりすることで十分解消可能です。

事前認定と被害者請求、どちらで申請した方が良いかという疑問については、被害者の方のケースによって様々です。

弁護士法人ALGではご依頼者様にとってより良い方法をご提案させて頂き、手続き等も全て弁護士が行います。

まずは交通事故チームの受付スタッフがお電話でお話をお伺いいたしますので、お気軽にご相談下さい。

Question06事前認定のメリット・デメリットはどんなものがあるの?

Answer

事前認定のメリットは、等級認定に必要な書類の準備をほとんど相手方加入の任意保険会社が行ってくれるという点にあります。相手方加入の任意保険会社は損害賠償を支払う側ですから、被害者側の目線でアドバイスをくれたり、提出する義務はないけれども等級認定を受けるためには提出した方が良い書類や検査結果等を積極的に案内してくれたりすること等は期待しにくい状況にあります。

また、事前認定の場合、相手方加入の保険会社との間で、後遺障害以外の点も含めた示談が成立するまでは、保険金が支払われないというデメリットもあります。

誰が見ても適正な等級が認定されることが明らかな場合等は、手続きの負担の少ない事前認定の方が良いといえますが、適正な等級が認定されるかどうか微妙な事案の場合は、被害者請求による方が良い点が多いと言えます。

保険会社とのやりとりに不満や不安を感じられている場合は、ぜひ弁護士法人ALGへご相談下さい。保険会社とのやり取りは、全て弁護士が代行致します。

交通事故チームのスタッフと弁護士が誠心誠意対応させて頂きますので、ご安心してご相談下さい。

Question07被害者請求は自分でもできる?

Answer

被害者請求を行う場合は、まず相手方の自賠責保険を担当する保険会社から申請に必要な書類を取り寄せ、これに必要事項を記入して書類を作成します。後遺障害診断書を主治医に作成してもらう点は、事前認定の場合と同様です。ただ、被害者請求の場合は、交通事故証明、事故状況説明図等を自分で揃えて提出する必要があります。

なお、被害者請求は、自賠責保険に対して直接損害賠償請求を行う方法ですが、仮に、交通事故が通勤中の出来事で労災保険の適用となる場合には、自賠責保険に請求するより、先に労災保険に請求した方がよい場合もあります。

被害者請求は自分で行うことができる手続きですが、必要書類をきちんと自分で揃えなければなりません。交通事故で怪我を負っただけでも災難なのに、このような交渉事まで自分で全て行うのは負担が大きいといえます。

交通事故で負った怪我の治療に専念するためにも、被害者請求を検討する場合は、早い段階で、専門家である弁護士に相談をされることをおすすめします。弁護士法人ALGには、専門事業部がございますので、弁護士とスタッフが一丸となってスムーズな被害者請求をサポート致します。

Lawyer Comment後遺障害認定に必要なポイントを押さえた万全の後遺障害認定申請をサポート致します。

後遺障害認定の申請においては、後遺障害診断書に加えて、適切な資料を準備することが重要です。

傷病名、後遺症状に応じて、必要な資料は様々であるため、交通事故法務に関する法的・医学的知見が欠かせません。

弁護士法人ALGであれば、多数の事件によって蓄積されたノウハウを活かし、万全の後遺障害認定申請をサポートすることができます。ぜひお気軽にご相談下さいませ。

「後遺障害認定の流れ」にもどる
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る