「上肢」の後遺障害・「聴力障害」について | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

「手指」の後遺障害

ここでいう手指とは、読んで字のごとく手の指部分を意味します。

手指の障害は、欠損障害と機能障害に分けられます。

欠損障害

手指の欠損障害には、「手指を失ったもの」と「指骨の一部を失ったもの」があります。

「手指を失ったもの」とは、具体的には、母指は指節間関節、その他の手指は近位指節間関節以上を失ったものを意味します。

等級 障害の程度
第3級の5号 両手の手指の全部を失ったもの
第6級の8号 1手の5の手指又は母指を含み4の手指を失ったもの
第7級の6号 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指を失ったもの
第8級の3号 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指を失ったもの
第9級の12号 1手の母指又は母指以外の2の手指を失ったもの
第11級の8号 1手の示指、中指又は環指を失ったもの
第12級の9号 1手の小指を失ったもの
第13級の7号 1手の母指の指骨の一部を失ったもの
第14級の6号 1手の母指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

機能障害

手指の機能障害には、「手指の用を廃したもの」(用廃)と「親指以外の手指の遠位指節間関節を屈曲することができなくなったもの」があります。

等級 障害の程度
第4級の6号 両手の手指の全部の用を廃したもの
第7級の7号 1手の5の手指又は母指を含み4の手指の用を廃したもの
第8級の4号 1手の母指を含み3の手指又は母指以外の4の手指の用を廃したもの
第9級の13号 1手の母指を含み2の手指又は母指以外の3の手指の用を廃したもの
第10級の7号 1手の母指又は母指以外の2の用を廃したもの
第12級の10号 1手の示指、中指又は環指の用を廃したもの
第13級の6号 1手の小指の用を廃したもの
第14級の7号 1手の母指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの
用廃の意味
  • 末節骨の長さの2分の1以上を失ったもの
  • 中手指節関節又は近位指節間関節の可動域が健側の可動域の2分の1以下に制限されているもの
  • 母指については、橈側外転または掌側外転のいずれかが健側の2分の1以下に制限されているもの
  • 感覚の完全脱失(表在感覚のみならず深部感覚をも消失したものをいう。 これは、外傷により感覚神経が断裂したと認定しうる場合に、筋電計を用いた感覚神経伝導速度検査を行って、感覚神経活動電位(SNAP)が検出されないことを確認することによって認定する。)
屈曲することができないもの
  • 遠位指節間関節が強直したもの。
  • 屈伸筋の損傷等原因が明らかなものであって、自動で屈伸ができないもの又はこれに近い状態にあるもの。
関連する項目はこちら
上肢の後遺障害「肩・肘」
上肢の後遺障害「手」
手指の後遺障害について
後遺障害「上肢」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る