常滑市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数52,026件[※2007.6~2019.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

11,577

※2018.1~2018.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

常滑市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

常滑市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

常滑市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

常滑市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

常滑市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

常滑市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

常滑市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

常滑市の事故に巻き込まれて鼻がつぶれてしまいました。

私は公務員で、家族は妻と二人の子供です。4人で常滑市内に暮らしています。長男は一浪をして受かった希望の大学に進学できました。留学を予定しているのでまたお金がかかると心配です。下の子は女の子で、大学受験を控えて塾に通わせています。妻は二人の子供にかかる費用が成長につれて莫大になってきたこともあって、頑張って常滑市内の工場にパートに出てくれています。

休日に妻がパートに行くときは私の自動車で送って行くこともあります。その日は妻を送って行ったあと、少し歩こうと思っていたので大きな公園のある場所に向かいました。その公園には駐車場があって、時間によってはけっこう混んでいます。幸いその時は駐車する場所があり、待たずに駐車できました。公園の中にも公園の周辺にも歩く場所はあり、私は少し公園の中を歩いてから外に出ました。

歩いている途中に喫茶店が目に入ったので立ち寄ってみようと信号で立ち止まりました。もうすぐ信号が変わると思った瞬間交差点内で事故があり、自動車の部品か何かが飛んできました。

避けきれずに私は顔に大怪我を負ってしまいました。事故のあと、私は痛みと顔の出血で動転してしまいました。近くの歩道にいた人たちが声をかけてくれたり、救急車を手配してくれました。顔の怪我はたいへん重く鼻がつぶれてしまったのです。

生活するのにも人前に出るのにも精神的苦痛がともないます。今後の人生を考えるとどうして良いかわかりませんが、少しでも前に進めるように常滑市対応の弁護士といろいろ相談をしたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

常滑市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る