春日市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数52,026件[※2007.6~2019.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

11,577

※2018.1~2018.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

春日市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

春日市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

春日市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

春日市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

春日市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

春日市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

春日市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

春日市で乗用車に追突された結果、外傷性てんかんになってしまいました。

私は、春日市在住の独身の会社員です。私が遭遇した交通事故についてお話します。

会社から原付で帰宅する途中のことです。春日市内の交差点で信号待ちをしているとき、後ろからかなりの勢いで乗用車が走行してくるのが見えました。危ないなぁと思って見ていたところ、その車は、そのまま私の原付に追突しました。その衝撃で私は転倒し、頭を強打しました。私は意識を失い、そのまま病院に搬送されました。病院の診断では、脳内出血があり、即入院となりました。診断では全治半年程度ということでした。

交通事故から1か月が経過して退院することになりましたが、突然体がけいれんし、硬直してしまうことが多々起こるようになりました。ひどいときは、突如体の力が抜けて、意識を失うことがあります。意識を失わないでも、意味もないのに舌なめずりをしたりすることもありました。私は、この症状の原因を確認するために、再度春日市内の病院で診断を受けました。

病院での診断は外傷性てんかんという病名でした。交通事故にあうまでは、私は、車で得意先を回る営業職だったのですが、このような症状がいきなりでるため車を運転ができなくなりました。いまでは、内勤で事務職として勤務しております。交通事故に遭わなければ、このようなことにならなったと悔やんでも悔やみきれません。保険会社にこのことを話しても、後遺障害の申請をするようにとの一点張りです。私は、法律に疎く、どのようにして後遺障害の申請を行えばよいのかわかりません。そこで、弁護士にお任せしたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

春日市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る