水俣市で交通事故後遺障害のお悩みを解決するなら弁護士法人ALGへ無料相談

累計相談件数52,026件[※2007.6~2019.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

土日祝日もご相談受付いたします!

安心と実績年間相談件数

11,577

※2018.1~2018.12末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

水俣市で交通事故後遺障害のお悩みをお持ちなら、医学博士弁護士の在籍する弁護士法人ALGへお任せ下さい

0120-572-238

水俣市の交通事故で後遺障害の認定を受けたい方へ弁護士の介入が早いほど、スムーズな後遺障害の認定に繋がります!

後遺障害認定の流れ
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
よくある質問を見る
保険会社からの賠償額が適正かどうか無料診断致します 弁護士法人ALGの後遺障害フルサポート

水俣市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

水俣市で交通事故に遭い、後遺障害等級の認定を受けたものの、賠償金額のめやすや等級が分からない方へ

便利なツールをご利用ください。

部位別に後遺障害を調べたい方はこちら

  • 眼・まぶたの後遺障害について
  • 耳の後遺障害について
  • 鼻の後遺障害について
  • 口・歯の後遺障害について
  • 脊柱の後遺障害について
  • 上肢の後遺障害について
  • 下肢の後遺障害について
  • 胸腹部臓器の後遺障害について
  • 遷延性意識障害について
  • むちうちについて
  • 高次脳機能障害について
  • RSDについて
  • 外貌醜状について
  • 脊髄損傷について
後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

水俣市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

水俣市の交通事故後遺障害は、医学博士弁護士率いる専門チームと連携して解決します!

専門チームが連携して解決します

水俣市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

水俣市の事故で顎を打ち付け、やわらかいものしか食べられなくなってしまいました。

私は水俣市で夫と2人で暮らしています。専業主婦なので、子育ても終えて何かできることは無いかと考えてボランティアを始めました。

事故に遭った日もボランティアの約束の日でした。視覚障害のある人の目の代わりに本を読んだり新聞を読んだりします。

家からはバスを使って水俣市の図書館の近くまで行きました。その日はお祭りで途中の通りが渋滞していたこともあって、時間に遅れそうになっていました。そのため、いつもならそんな道の渡り方はしないのですが、慌てていたこともあってバスの前を図書館の方に向かって走って渡ろうとしました。

渋滞に巻き込まれて急いでいたのは私だけではなく、バスの後ろの自動車も急いでいたようです。バス停で乗降客のために停止したバスを追い越して進もうとした乗用車に跳ね飛ばされました。激しい痛みで動くこともできず、救急車で水俣市の病院に向かう途中にも唸り続けていました。

私にぶつかった乗用車の運転手はまだ若葉マークの免許を取ったばかりの若い女性でした。運転していた人は茫然とするだけだったようです。交通事故の目撃者がすぐに救急車や警察などに電話をしたということです。

私は飛ばされて地面に顎をしたたかに打ち付けたようで、救急病院でも手当てをしてもらい、その後も通院を半年以上しました。しかし治りきることはなく、病院の見解は「症状固定」で、今も柔らかいものしか口にできない状態です。後遺障害等級の申請方法がよくわからなくて、自分ではとても難しそうなので弁護士に任せたいと思います。

事例はご相談いただける事件の例として挙げたもので、実際の相談例ではございません。

実際の相談に対しては、弁護士は厳格な守秘義務で負っています。

ホームページ上でその詳細を公開することは絶対にありません。

秘密厳守でプライバシーマークを取得している当法人が対応致しますので、安心してご相談ください。

交通事故直後からの損害等について知りたい方は交通事故専門サイトへ 後遺障害の認定についてもっと詳しく知りたい方はこちら

水俣市で交通事故に遭い、後遺障害のことでお困りの方はお気軽にお問い合わせください

0120-572-238 メールのお問い合わせはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る