下肢の後遺障害「足」 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

下肢の後遺障害「足」

欠損障害

「足」の欠損障害とは、足関節・リスフラン関節のいずれかの部分を失った場合を意味します。

等級 障害の程度
第2級の4号 両下肢を足関節以上で失ったもの
第4級の7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
第5級の5号 1下肢を足関節以上で失ったもの
第7級の8号 1足をリスフラン関節以上で失ったもの
リスフラン関節とは

機能障害

下肢の機能障害とは、関節可動域に制限がある場合や、動揺関節を残す場合、人工関節をそう入置換することになった場合など、関節の動きに障害が残った場合を意味します。

このうち、関節可動域制限の有無及び程度は、日本整形外科学会及び日本リハビリテーション医学会により決定された「関節の機能障害の評価方法及び関節可動域の測定要領」中の測定要領に従って判断されます。

動揺関節とは、関節の安定性機能が損なわれたため、関節の可動性が正常より大きく(参考可動域以上という意味です。)、あるいは異常な方向に運動可能になったものをいいます。

等級 障害の程度
第5級の7号 1下肢の用を全廃したもの
第6級の7号 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
第8級の7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
第10級の11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
第12級の7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの
両下肢の用を全廃した
股関節・膝関節・足関節の完全強直、健側に比して患側の運動可能領域が10%以内に制限され足指の障害が加わるもの、股関節・膝関節・足関節の完全麻痺、先に近い状態で足指の障害が加わるもの
①用廃とは
強直又はこれに近い状態となったもの(健側可動域の10%以下となったものをいう。)
関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの(他動では可動するものの、自動運動では関節の可動域が健側の可動域の10%程度以下とのなったものをいう。)
人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域角度の2分の1以下に制限されているもの
②著しい機能障害とは
可動域角度が健側の2分の1以下に制限されたもの
人工関節・人工骨頭をそう入置換した関節(用廃に該当しないもの)
③障害とは
可動域角度が4分の3以下に制限されたもの
関連する項目はこちら
下肢の後遺障害「股・膝」
下肢の後遺障害「足」
「足指」の後遺障害について
後遺障害「下肢」へ戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る