むち打ちの慰謝料相場 | 後遺障害の無料相談は弁護士法人ALGへ

累計相談件数27,398件 [※H19.7~H29.6末まで] 後遺障害のお悩みは医学博士弁護士が率いる弁護士法人ALG&Associatesへ

安心と実績年間相談件数

7,438

※H28.7~H29.6末

全国対応・24時間受付中

フリーダイヤル0120-572-238 CLICKメール問合せ

むち打ちの慰謝料相場について

慰謝料相場といっても、交通事故における損害賠償額については、大きく分けて自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがあり、どの基準が採用されるかで、慰謝料額は異なってきます。

1.自賠責基準

自賠責保険の保険金等の支払基準であって、自動車事故の被害者に対する基本保障、最低限の補償が定められています。

慰謝料については、原則として、

  • 1日につき、4200円
  • 傷害の態様、実治療日数その他を勘案して治療期間の範囲内で対象日数を定める

とされています。

「自動車損害賠償責任保険の保険金等及び自動車損害賠償責任共済の共済金等の支払基準」(平成13年金融庁国土交通省告示第1号)

2.任意保険基準

各保険会社が独自に定めている基準で、自賠責基準と同様の部分も多いですが、全体としては、自賠責基準より高額になることが多いといえます。

ただし、裁判基準に比べると、大部低額にとどまることが通常です。

3.裁判基準

裁判所で採用している賠償額認定基準で、通常、被害者にとって最も手厚い基準です。

裁判基準は、いわゆる「赤本」(財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準』)、「青本」(財団法人日弁連交通事故相談センター『交通事故損害賠償額算定基準-実務運用と解説-』)などによりその基準が示されています。

基本的には、傷害の内容・程度、入通院期間を基礎として、慰謝料額が算定されます。

弁護士が介入した場合、もちろん裁判基準に基づいて請求しますので、裁判基準が慰謝料の相場ということになります。

その他むち打ちの解説について
むち打ちと交通事故関係について
むち打ちの症状
むち打ちの後遺障害等級について
むち打ちの後遺障害等級認定について
むち打ちの種類
慰謝料の計算
むち打ちの治療
むち打ちの症状固定と保険
慰謝料の相場
治療打ち切り・休業損害
むち打ちの示談金
むち打ちの後遺症
むち打ちの症状固定までにすべきこと
むち打ちの裁判例
むちうちの後遺障害診断書作成
「むち打ち(頚椎捻挫)」に戻る
安心の弁護士費用

後遺障害のお悩みは、医学博士弁護士が率いる交通事故・後遺障害チームへご相談ください。

  • 24時間受付
  • 年中無休
  • 全国対応
  • 安心と実績年間相談件数

    7,438

    ※H28.7~H29.6末

    1日平均30件のご相談を頂いています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

部位別の後遺障害

TOPへ戻る